レーシック手術@視力回復レーザー治療

レーシック手術のQ&Aガイド

視力回復レーザー治療のレーシックを紹介しているサイトです。クリニックごとの手術費用の比較や治療内容、手術給付金に関する内容を説明しています。Q&Aガイドでレーシック手術の疑問や不安の解消に役立ててください。

レーシック手術までの全体の流れ

視力が回復するまでの、予約からレーシック手術後までの全体的な流れを説明しています。
基本的な眼科クリニックにおけるレーシック手術の流れになりますので、詳細は実際に手術を受ける病院の指示に従ってください。
コンタクトレンズをしている方は、検査や手術前に使用を中止しなくてはいけませんので気をつけてください。
手術後の定期健診や点眼薬など処方箋の料金が手術代に含まれているかなど、病院によって料金体系が異なりますので、予定していた金額よりも出費がかさまないように事前にチェックしておきましょう。

ステップ1:予約

来院の予約
インターネットか電話で、適応検査・カウンセリングの予約をします。

※予約前の注意点
※コンタクトレンズ(1DAYタイプも含む)を使用している方は、角膜の形状が一時的に変わりますので、検査と手術前には装用を中止します。
※検査前はコンタクトレンズの装用を中止するため、お仕事やイベントなど大事な用事がない期間に検査の予約を入れるように、スケジュールの確認はしておきましょう。
コンタクトを外す期間は検査を受ける病院によって変わりますので、予約時に確認してください。
ソフトレンズ:検査の1週間前(検査日と同じ曜日)から使用を中止してください。
ハードレンズ:連続装着タイプのソフトレンズ:検査の3週間前(検査日と同じ曜日)から使用を中止してください。

ステップ2:適応検査・カウンセリング日(所要目安時間:3〜4時間)

適応検査
国家資格を持つ視能訓練士(ORT)を中心に、視力検査や角膜の形状や厚さ、屈折度数、眼の状態など十数種類の項目を検査します。
※病院にもよりますが、検査結果は平均で2ヶ月間有効です。また再検査の費用は無料です。
※検査中に点眼薬で瞳孔を開きます。その為まぶしくなったり視界が見えづらくなる可能性がありますので、検査終了後の車の運転は危険です。

医師による検察及びカウンセリング
検査データをもとに医師が検察を行い、レーシックに関する内容や注意点の説明があります。手術日のスケジューリングも行います。

ステップ3:手術日(所要目安時間:1時間〜2時間)

※手術前の注意点
当日は化粧品・整髪料は使用しないでください。
ソフトレンズ:手術の1週間前(手術日と同じ曜日)から使用を中止してください。
ハードレンズ:連続装着タイプのソフトレンズ:手術の3週間前(手術日と同じ曜日)から使用を中止してください。
※手術を受ける病院によってコンタクトレンズを外す期間は変わりますので、事前に確認してください。

手術
当日の眼の状態を手術前に検査します。
術後の感染症などを防ぐためにも、クリーンルームと呼ばれる手術室でレーシックを行います。
手術時間は両目で約20分程度です。手術は点眼タイプの麻酔を行いますので痛みは感じません。
手術後は20分程度休んで、医師の診察を受け、保護用メガネや点眼薬などの処方をもらってから帰宅します。

ステップ4:手術翌日検診

定期検診
翌日に術後の経過と角膜の状態、視力の回復状況を確認します。
翌日検診の後は、1週間・3ヶ月後・6ヶ月の定期検査があります。
※病院によって検査期間は異なります。
視力が回復したからといって安心せずに、きちんと定期健診は受けてください。
また、何か違和感や気になることがありましたら、すぐに手術を受けた病院に相談しましょう。

レーシック手術@メニュー

レーシック手術@視力回復レーザー治療のQ&Aガイドリンク