アイレーシック

アイレーシックの人気の秘密

アイレーシックは、現在行われているレーシック手術の中で、最先端の施術法といわれている視力回復術です。
最先端の術式といわれる理由は、施術を受ける方の眼の状態に合わせて手術を施すことができるという点です。
レーシックによる視力回復率をより一層高めるため、アメリカのAMO社が最先端の医療機器を組合せることにより編み出した施術法がアイレーシックです。
宇宙開発や軍事に利用される高性能なシステムを備え正確に眼に生じた歪みを測ることができる「ウェイブスキャン」、正確にフラップを作成する「イントラレースFS60」、レーザーを正しく角膜に照射する「ビジックススターS4IR」の優れた性能を重ねあわせることにより、誕生したアイレーシックは、単に見えるようにするだけではなく、質にこだわってこれまでのレーシック手術を上回る鮮明な視界を実現することができる施術なのです。

アイレーシックのおすすめメリット

ひとりひとりに合わせたカスタムメイドの施術が可能
レーシックの施術をする際の手順は同じでも、手術を施す患者さんの眼の状態は千差万別です。 角膜の厚さや形も、すべての方が同じではありません。
アイレーシックは個々の眼の状態を詳細に調べることができるため、その方に合ったレベルの施術を行うことが可能なのです。

綺麗に見えることにこだわったレーシック手術
これまでに眼科クリニックで行われてきたレーシック手術は、視力を回復する効果はあっても、単に「見えるようにする」ための手術でした。
アイレーシックは、高性能な機器を使用することで、視力回復と併せて「鮮明に見える」ことを可能にした施術です。

夜でも違和感を感じることがない優れた施術
従来のレーシック手術には、全ての方ではないにしても術後に何等かの違和感を眼に感じる方がいました。 そのうちのひとつの症状として挙げられるのが、夜や暗い場所での視界不良や眩しく感じるといったものです。
アイレーシックの施術を受けた方にはこのようなレーシック特有の症状を訴える方が、従来の方法と比べ大幅に減っています。

アイレーシックを推奨する理由

これまでに眼科クリニックで行われてきたレーシック手術は、術後に起こる可能性のある副作用を考え、一部の職種で施術を受けることが制限されていました。
パイロットもレーシックを受けられない職業のひとつですが、レーシック手術の中で、アイレーシックだけは安全性と副作用が起こる確率の低さが認められ、アメリカのNASAの宇宙飛行士、軍の戦闘機を操るパイロットに対し、手術を受けても良いと認めたのです。
通常の状態よりもはるかに負荷のかかる状態におかれることが多い職に就く人に対して認められたということで、今後ますますアイレーシックの注目度は高まっていくことでしょう。

レーシック手術@メニュー

レーシック手術@視力回復レーザー治療のQ&Aガイドリンク