老眼治療

老眼と白内障の治療方法とは

年齢を重ねると身体のあちらこちらに不具合が出てきます。 眼も決して例外ではなく、その証拠として現れるのが老眼です。
老眼が起こる理由は、眼の中にある水晶体の機能が加齢により衰えることだとされています。 老眼になってしまったら、それを治療するための方法はあるのかというと、いくつか手段として挙げられていることはあります。
まずひとつに、治療というよりも対策に近いものになりますが、眼の健康に良いとされる成分を多く含む食材を日々の食事で積極的に摂ることです。
医療技術に頼るのも一手ですが、日常生活から見直していくことも大切です。
医療技術をもって老眼治療する方法はあるのかというと、「伝導性角膜形成術(CK)」と呼ばれる外科手術が2004年より認められています。
CKというのは、一般的にいうレーシック手術のことです。
そしてもうひとつ、加齢によって起こりやすい症状のひとつとして挙げられる白内障も併せて改善できる方法として挙げられるのが眼内レンズを挿入する方法です。
機能の低下した水晶体を人工レンズに入替えるもので、老眼と白内障の両方に悩む方にとっては一度にどちらも解消できる方法としてオススメといえるでしょう。

老眼治療と白内障治療の気になるポイント

身体全体の健康にもつながる生活スタイルの改善
老眼治療では、眼に何等かの治療を施すという直接的な対処法だけでなく、身体の内側から環境改善していくことも重要です。
そのためには眼が疲れるようなことは極力避け、健康な眼を維持するために必要な栄養素を含む食材を食事メニューに摂りいれることです。

角膜の再形成により、水晶体の機能を助ける外科手術
近視などの治療に有効ということで近年注目を集めているレーシック手術ですが、老眼の治療をするためのレーシックというものもあります。
それは「伝導性角膜形成術」医療機関では「CK」といわれるものです。
CKは、角膜に高周波をあてて再形成し、角膜にカーブがついた状態を人為的に作ることで、角膜が水晶体と同じ機能を果たすようになる施術法です。

老眼と白内障の両方を一気に解決できる外科手術
老眼だけでなく、白内障も発症している方に対し、オススメの治療法とされているのが、遠近両用の眼内レンズを眼の中に埋め込む外科手術です。
老朽化した水晶体をあきらめ、人工レンズに替えることで白内障の症状をも改善し、視力回復を図るもので、困難であるとされている白内障の治療において、有効な手段となっています。

老眼治療と白内障治療の推奨理由

老眼は水晶体が老朽化することが原因で起こる症状です。 一旦衰えてしまった水晶体の機能を、再び健康な状態に戻すことは容易なことではありません。
そのため、老眼の治療では水晶体の老朽化を食い止め、水晶体の機能に代わるもので症状を解消するという対策がとられます。
白内障に関しても、一度発症してしまうと水晶体を元の状態に戻すことは医学が発達した現在でも無理なこととされています。
濁ってしまった水晶体に代わり、人工レンズを眼内に挿入する外科手術は、白内障の改善とともに老眼が現れている方には、ふたつの症状をまとめて解決できる手段として採用されることも多いようです。
しかし、水晶体を取ってしまうようなことは最終手段ともいえます。
普段から自分の身体に関心を持ち、早く異常に気付くことで他の治療手段を選ぶこともできるでしょう。

レーシック手術@メニュー

レーシック手術@視力回復レーザー治療のQ&Aガイドリンク