エピレーシックで視力回復

エピレーシック | 角膜が薄い人も視力回復できる画期的なレーシック

検査などで、角膜が薄くレーシックができないという方には、「エピレーシック」がおすすめです。
エピレーシックは、レーシックよりもフラップを薄く作ることが可能で、最終的にはフラップ自体も消えてなくなるため、フラップのずれが起こりません。
そのため、角膜が薄い方や格闘技や球技など、比較的激しいスポーツを行う方にとても適している施術なのです。
術後、視力が安定するのにレーシックよりは少し時間はかかりますが、視力回復率は高く、画期的な治療法として最近注目を集めています。
手術時間もレーシック同様短時間で済み、痛みや後遺症もほとんどなく安心して受けられます。
角膜が薄いからと視力矯正を諦める必要はありません。一度眼科クリニックで相談してみてください。

激しいスポーツや格闘技も安心してできるエピレーシック

レーシックに適さない角膜が薄い人でも施術可能
フラップがずれる心配がなく激しいスポーツもできる
視力回復もレーシックと同じぐらい効果的

角膜が薄く、通常のレーシックが適用外の方でも、最近では視力矯正が可能になってきました。
エピレーシックなら、従来のレーシックよりもフラップが薄く作れるので、角膜の厚さは問題になりません。
フラップを作成し、レーザー照射後にフラップを完全に元の場所に戻します。体の代謝機能により、このフラップも最後には消えるので、フラップがずれる心配もありません。
したがって、激しい動きがあり眼に衝撃を受けやすいスポーツなどをする方にも、エピレーシックは最適な治療法なのです。
視力回復にはレーシックよりは少し時間を要しますが、視力回復率はレーシック同様高く、満足のいく結果が得られます。

エピレーシックの効果や施術に関するQ&A

エピレーシックとレーシックの違いはなんですか?
エピレーシックは、レーシックよりもさらに薄くフラップを作成できるという点が異なります。
角膜が薄くてレーシックができない方でも、エピレーシックなら施術可能です。
さらに、術後フラップが消えるので、フラップのずれに悩まされることもありません。

エピレーシックはどんな人に適していますか?
エピレーシックは、角膜の薄い方に適しています。
レーシックでは角膜をある程度削りフラップを作るので、角膜の厚みが必要になります。
しかし、エピレーシックはさらに薄くフラップを作れるので、角膜の厚さに関係なく施術できます。
また、フラップが自然に消えるので、術後のフラップのずれもなく、激しいスポーツをする方にも適した施術です。

術後はどのくらいの視力回復が可能ですか?
エピレーシックの効果は、近視の強度などで個人差はあります。
しかし、エピレーシックを受けた方のほとんどが術後、1.0以上の視力回復を実感しています。

エピレーシックを施術している人気眼科クリニック

品川近視クリニック
おすすめ度 ★★★★★
品川近視クリニックのエピレーシックは、性能の優れているエピケラトームという特殊機器を使用し、実績のある医師が執刀するので、信頼できます。
術後ほとんどの方が1.0以上に視力回復しており、プロの格闘技選手なども多数施術を受けています。
手術時間も20分と短く、痛みもないので安心して受けられます。
保証期間も3年設けられていて、定期健診などのアフターケアもしっかり行ってくれます。
神戸神奈川アイクリニック
おすすめ度 ★★★☆☆
神戸神奈川アイクリニックのエピレーシックは、日本国内でも多数の症例数を誇り、技術力の高さにも定評があります。
エピケラトームという特殊機器を使用し、世界的にも有名で高性能なレーザーでの手術は、視力回復とともに見え方の質を向上します。
手術時間も、短時間で済むので目に負担がかかりません。
実績のあるベテラン医師が手術にあたるので、最高の技術が提供され、安心して手術も受けることができます。

エピレーシック | 角膜が薄い人でも視力回復するレーシックリンク