フェイキックIOLで最強度近視の視力回復

レーシックが受けられない人でも視力回復できるフェイキックIOL

フェイキックIOLは人工のレンズを角膜と虹彩の間に挿入することで、光の屈折を変えて視力を回復する手術です。
同じく視力を回復する手術として有名なものにはレーシックがありますが、レーシックは角膜にレーザーを照射してカーブを調整することで視力を回復する手術のため、治療できる視力の度数に限界があり、角膜が薄い人は手術自体受けられない、という難点があります。
それに対してフェイキックIOLは角膜の厚さや視力が関係ないので、最強度数の近視でも治療が可能で、レーシック手術を受けられずに諦めていた人でも受けられます。
またフェイキックIOLはレンズを入れる手術なので、万が一手術後に何か問題が起きてもレンズを取り出すことで元の目の状態を復元することができるのが大きな特徴であり、レーシックとの違いです。

最強度近視の人でも近視矯正可能なフェイキックIOL

マイナス10D以上の最強度近視の人でも治療可能
フェイキックIOLは目の中にレンズを入れる手術なので、角膜そのものにレーザー照射するレーシックと異なり、治療できる近視の度数に限界がありません。
最強度近視と言われるマイナス10D以上の人でも治療が可能です。

万が一の場合でも眼を元の状態に回復可能
手術後に万が一トラブルが起こった場合、取替えのきかない場所なので非常に問題が大きくなる眼ですが、フェイキックIOLは眼そのものは変えずにレンズを間に挿入する形のため、万が一の場合でも眼を元の状態に戻すことが可能です。

眼内レンズは交換不要で長期に渡って視力維持
フェイキックIOLで使用されるレンズの材質は2種類ありますが、どちらも一度入れたものを何年後かに交換する必要なども無く、半永久的に使用できます。
また視力が落ちる心配も無く、長期にわたって視力を維持できるのが特徴です。

フェイキックIOLの手術時間や安全性についてのQ&A

フェイキックIOL手術にはどれくらいの時間がかかりますか?入院は必要ですか?
フェイキックIOLは施術自体は片目で約30分で終了する短い手術です。
入院は必要無いですが、翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後、その後と定期健診があります。(クリニックより異なります。)
また両眼の施術の場合、レンズによっては同日ではなく1週間後にもう片方の施術を行うというスケジュールになります。

眼に入れるレンズはどういうものですか?安全ですか?
レンズの材質は2種類ありますが、ひとつはプリメチルメタクリレートというもの、もうひとつはシリコンでできたタイプになります。
海外の機関で承認されていて、手術には申請が必要なので安全性も高く保たれています。

レーシックとフェイキックIOLはどう選んだら良いのですか?
フェイキックIOLは、基本的にレーシック手術の適応外となってしまう強度近視の人向けの治療になります。
まずはレーシック眼科へ行き確かな度数など術前診断を受けて、レーシックで対応できない度数の場合はフェイキックIOLの検討をおすすめします。

フェイキックIOLで人気の眼科クリニック

品川近視クリニック
おすすめ度 ★★★★★
品川近視クリニックのフェイキックIOLは、角膜厚不足でレーシック手術が不適応な患者向けに行われています。
施術は東京院でのみ行われているので、早めの予約が必要です。
また予約時に内金を支払いますが、元々高額の手術なので、料金が安いのは助かりますね。
定期健診は3年後までがセットになっていて術後のケアも万全です。

⇒ 品川近視クリニックのフェイキックIOLはこちら
神戸神奈川アイクリニック
おすすめ度 ★★★★☆
神戸神奈川アイクリニックのフェイキックIOLは永久コンタクトレンズとして新聞などでも紹介されていて、国内ではNo.1の症例数があります。
手術時間は片眼で約15分、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔をするので痛くもなく、すぐに手術は完了します。
また術式がいくつかあり、両眼を同日に手術できるものもあります。

⇒ 神戸神奈川アイクリニックのフェイキックIOLはこちら

フェイキックIOLで視力回復 | 最強度近視を治療する眼内レンズリンク